6月 17th, 2009

有料老人ホーム選び

介護保険が適用される施設とは別に有料老人ホームと呼ばれる施設があります。

介護保険の施設に比べ入居条件が緩かったりすぐに入所が可能な場合もありますが、介護保険の施設に比べると料金は割高です。ただし、身体状況によって入居を制限されることもあります。本格的な介護が必要になったときに退去を求められるということにならないよう入居前にどのような介護をいつまで受けることができるかなどをしっかりと確認しておきましょう。

また、有料老人ホームは介護保険の施設ではないので車イスレンタルやヘルパーの利用が可能です。

介護保険で入所できる施設

介護保険ができてから、施設の数はどんどん増えました。

しかし、種類が複雑なためにそれぞれの施設の特色を理解せずに入所して失敗してしまうという事例が増えています。失敗しない入所のために基本的なことはしっかり押さえておくようにしましょう。介護保険制度で利用可能な施設に特別養護老人施設と老人保健施設の2種類あります。低額で利用でき大変便利なのですが、家族状況や要介護度の重さなどの入居条件が厳しく、入所までに数ヶ月から数年かかることも頻繁にあります。

また、入所中はヘルパーや福祉用具のレンタルなど家にいた時のサービスは受けることができませんのでご注意してください。