家族にも心配な徘徊

認知症の症状が出て家族が心配するのは徘徊です。

体が不自由なのでを使っていても転倒されたり、一度出かけると家に戻ってこられないという可能性もあります。しかし、家族がどんなに外に行かないように言っても認知症のお年よりはその行為を続けるのが一般的です。そうすると家族の負担は大きくなりそれがストレスとなって家族関係がぎこちなくなるということもあります。そこで認知症のお年よりが入所できるグループホームを利用するのもいいかもしれません。入所中はスタッフの方が見守りをしてくれるので、家族が心配しすぎてストレスが溜まるということも減るでしょう。

自分の親が認知症になるということはなかなか受け入れ難いことですが家族関係を円滑にするためにもグループホームの必要性を検討してみてください。



No Comment