認知症のお年寄りとの向き合い方

認知症のお年寄りとの向き合うときはありのままを受け入れてあげるようにしてください。ありのままとはいわゆる問題行動と言われる行為にも何か意味があってやっているんだと考えることが大事です。

確かに常識的には考えにくい行動をされると理解に苦しむこともありますが、その行動をよくよく見直すと昔の習慣や仕事から来るものも大変多いです。とは言っても介助者が精神的に追い詰められた状況では余裕を持った対応は難しいです。一人で無理をすることなく医療や介護の専門家に相談し、支えてもらうようにしてください。

ただし問題行動によって事故や怪我の恐れがある場合もあります。その場合は安全を守るために車イス上のベルトなどの介護用品の使用も検討してください。



No Comment